多様な教育を推進するためのネットワーク / Network for the Promotion of Educational Diversity

ATOM 印刷 サイトマップ

10/11/7 第1回「多様な教育」リアル熟議 in 東京

※終了しました。このページには報告を掲載しています。

第1回 問題の提起
「現在の学校はすべてに人のニーズに応えられているか?」

  • 2010年11月7日(日)14:00~16:30

  • 東京・文京区民センター3C会議室

    http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_kumin_shisetsu_kumincenter.html

  • 開催の背景

     

    「なぜ多様な教育が必要か」について熟議しませんか。

    黒柳徹子の「窓際のトットちゃん」のような学校があっていいのではないでしょうか。点数を追わない教育を求めている人たちもいます。

    国際的には、シュタイナー教育、モンテッソーリ教育など、いわゆる「オルタナティブ教育」が定着しています。

    日本の学校はマイノリティへの対応が十分でしょうか。

    学校の画一性が言われて久しくなりますが、なぜそうなるのか、なにが求められているのかを熟議します。

    ※熟議とは、多数決民主主義でも利益団体代表民主主義でもなく、みんなで問題を検討して解決を見つけることです。

    現在文科省がネット上で「熟議カケアイ」を主催していますが、実際に人が集まって行うものを区別して「リアル熟議」と呼んでいます。

  • 参加者:30名(傍聴2名)

当日の様子

学生から教育関係者まで、性別・年齢・職業ともに様々な方が集まりました。

どのグループも和気あいあいと、かつ真剣に話し合っていました。

全グループが話し合った内容を発表しました。

全員が熱心に耳を傾け、問題意識と解決の糸口を共有しました。

本記事のトラックバック