多様な教育を推進するためのネットワーク / Network for the Promotion of Educational Diversity

ATOM 印刷 サイトマップ

モンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育の創始者マリア・モンテッソーリ(1870〜1952)は、イタリアで最初の女性医学博士でした。モンテッソーリは、はじめ知的障害児教育の研究をしていましたが、知的障害児に有効な方法は普通児にも適用できるだろうと考え、1907年にローマの貧民街で「子どもの家」という教育施設を設けました。「子どもの家」では、子どもたちの行動は落ち着いていて、さまざまな関心や能力を示し、人々を驚嘆させました。

モンテッソーリは、子どもが自発的にしている活動に着目しました。子どもは絵を描くことに熱中したり、ものをある場所から別な場所に移すことに熱中したりします。子どもが散歩に出ると、虫や花をみつけて飽きることなく観察しています。このような子どもの活動を、モンテッソーリは子どもが自分の発達課題を持って、仕事をしているのだと捉えました。子どもの自発的な活動を支援することを柱として、独自の教育のシステムを作り上げました。それが「モンテッソーリ教育」と呼ばれています。子どもの感覚を大事にするさまざまな教材が開発されています。

晩年のモンテッソーリは、ファシスト政権と合わず、国外で活動します。インドで教育活動をし、戦後はオランダに住んでモンテッソーリ教育を推進しています。モンテッソーリ教育は、幼児教育で有名になっていますが、モンテッソーリの小学校もたくさんありますし、中等教育学校も存在します。

本記事のトラックバック